お客様インタビュー

INTERVIEW

オプションの「+BOX」で1階和室を父親の個室に。 上下階でデザインを変え、メリハリのある生活を楽しむ

理想の住宅イメージに合わせて床や壁の色をセレクト

ご主人の父親との同居を踏まえ、標準仕様の間取りに1部屋プラスした「ZERO-CUBE+BOX」を購入・新築したAさんご夫妻。1階に増設した和室は父親の個室に充て、2階はご夫妻のプライベートスペースにすることに決めました。

 

「ZERO-CUBEのシリーズの中では、南欧テイストのBlanc Angeが大のお気に入りだったんです。でも、部屋の増設には対応していなかったので、それなら外壁やインテリア、照明などを上手に組み合わせて、Blanc Angeのイメージに近づけていこうと、全体のデザインを考えていきました」と奥さまは振り返ります。

  

Aさんご夫妻が目指したのは、プロヴァンス風のカフェのような家。上下階でガラリと趣を変え、団らんの場の1階LDKは、白を基調にした明るい印象にまとめつつ、テレビ背面の壁をエメラルドグリーンに配色して、アクセントを添えました。一方で2階は全室、床をダークな色調で統一し、リゾート感漂う雰囲気に。

「2階のフリースペースは、父親宛ての来客時も気兼ねなく過ごせたり、就寝前にちょっとくつろいだりできるように、セカンドリビングとして利用しています。

個室の一つは父子共用の趣味室として、釣り道具を保管しています」とご主人。また外壁には落ち着いたクリーム色を選び、Blanc Angeと同じ世界観を表現しました。

「生活を具体的にイメージできたこと」が選んだ決め手

Aさんご夫妻が家づくりの検討を始めたのは、新築からさかのぼること5年ほど前。「何から手を付けていいか分からないまま」土地探しと平行して、完成見学会などを回って情報を集め、やがて知人からの紹介でZERO-CUBEのモデルハウスを訪問しました。

「最も気に入ったポイントは、具体的に実生活がイメージできたこと。完成した住宅をただ公開しているだけではなく、家具や照明、インテリア雑貨などがすべてコーディネートされており、生活の一つ一つの場面を容易に想像することができました。

建物の規格が決まっている点も大きかったですね。自分たちが住みたい家のサイズに合わせて、土地を選ぶことができたので」。

 

販売会社の営業スタイルにも好感を抱きました。「強引なところが一切なく、目当ての土地が見つかるまで気長に待ってくれました。相談すればいつも適切にアドバイスしてくれて、安心して土地選びに専念できました」。

ご主人は「生まれも育ちもアパートで、物心ついたときから両親に対し、“将来は一戸建ての家を建てるから一緒に住もう”と言い続けてきました。

 

母親に見せられなかったのは残念ですが、それでもようやくその夢を実現できました」と笑顔。敷地内には「料理が大の得意」という父親用の家庭菜園も用意されており、親子3人、理想のマイホームを手に入れた喜びをかみしめています。

※お施主さま独自のカスタマイズが含まれており、標準仕様と異なる場合がございます。詳しくはスタッフまでお問い合わせください。

PAGE TOP

Copyright© 2019 . All Rights Reserved. Created by Co., Ltd ABABAI.